★4問―幾夜大黒堂の漫画、富野由悠季声優デビューなど

“漫アゲ”です。

Q.

【914】DeNAのマンガ雑誌アプリ「マンガボックス」(編集長:樹林伸(きばやし・しん))に連載されていたが、「表現上の問題」により第15話で打ち切りとなった、幾夜大黒堂(いくや・だいこくどう)の漫画は何?

  • 講談社から単行本が発売される予定でしたが、それが中止になり、連載も打ち切りとなりました。
  • 作中に「女性なら男性と恋するのが普通でしょう?」というセリフが登場します。作者の幾夜大黒堂はブログで「性的マイノリティ(LGBT)からのクレームを恐れた講談社側の意向で発売中止になった」と述べていますが、LGBT団体の「レインボー・アクション」は、「他の作品と比べて特段の問題があるとは思われません」という声明を出しており、過剰な自主規制はやめるべきだという立場を表明しています。

【915】《択一問題》
『機動戦士ガンダム』の生みの親・富野由悠季(とみのよしゆき)は、このほど、自身が総監督を務めるテレビアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』の最終回で73歳にして声優デビューを果たしました。その新人声優としての名義は次のうちのどれでしょう?

  • 井荻麟(いおぎりん)
  • 井荻翼(いおぎよく)
  • 阿佐みなみ
  • 斧谷稔(よきたにみのる)
  • 井草明夫(いぐさあきお)

※これらはすべて富野由悠季の別名義です。

【916】今月刊行された『センター試験に でる順英単語』(著者:肘井学(ひじい・がく))では日本語訳の朗読を担当している、第9回声優アワードで新人女優賞を受賞している声優で、『一週間フレンズ。』の藤宮香織役や、『七つの大罪』のエリザベス・リオネス役などで知られるのは誰?
※この本の出版社は、KADOKAWAのブランドカンパニーの一つ「中経出版(ちゅうけいしゅっぱん)」です。

【917】9歳の少女・安留咲ちゃんが歌うテーマソングも、「耳に残る」と話題になっている、『ドラゴンリーグ』、『ドラゴンポーカー』に続く「ドラゴンシリーズ」の最新作である、アソビズムが配信するゲームは何?

A.

【914】『境界のないセカイ』

【915】井荻翼

【916】雨宮天(あまみやそら)

【917】『城とドラゴン』
※「城ドラ」と略されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。