大相撲 | 平成二十九年五月場所 | 3問

Q.

【4759】2017年5月場所の4日目に横綱稀勢の里を破り、稀勢の里からの金星獲得第1号となった、本名の下の名前を聖大 (しょうた)という追手風部屋(おいてかぜべや)の力士は誰?

【4760】本名を上林義之(かんばやし・よしゆき)という八角部屋の大相撲力士で、2017年5月場所にて、戦後最年長の36歳0カ月で幕下優勝を果たしたのは誰?

【4761】2017年5月場所で嘉風(よしかぜ)[尾車部屋]と共に技能賞を受賞し、場所後、大関に昇進し、「大関の名に恥じぬよう、正々堂々精進します」と口上を述べた、本名の下の名前を晃(あきら)という田子ノ浦部屋所属の力士は誰?

殊勲賞:御嶽海 久司(みたけうみ ひさし)[出羽海部屋]

敢闘賞:阿武咲 奎也(おうのしょう ふみや)[阿武松部屋]

幕内最高優勝:白鵬 翔[宮城野部屋](38回目)※13度目の全勝優勝。

A.

【4759】遠藤

【4760】大岩戸(おおいわと)

【4761】髙安(たかやす)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。