プロ野球 全球団勝利

今月(2014年4月)15日、ロッテの涌井秀章が西武戦で勝利投手となり、日本プロ野球史上13人目となる全球団勝利を達成しました。
涌井投手はセ・リーグの球団には所属したことがありません。1つのリーグのみに所属での達成は史上初です。

翌日の16日にはソフトバンクの寺原隼人が楽天戦で勝利投手となり、涌井に続く14人目の全球団勝利を達成しました。

2日連続でこのような記録が出るとは驚きです。
2005年にセ・パ交流戦が始まってからは、以前ほど珍しい記録ではなくなりましたが、それでも達成しにくい記録であることには変わりはないでしょう。

寺原の記録は、2004年限りで消滅した近鉄を含めた13球団からの勝利であり、これは、工藤公康、杉内俊哉に次いで3人目となります。
他の11人は12球団からの勝利です。

13球団勝利を達成した3人は全員ソフトバンク(ダイエー)に所属したことがある投手です。現在ソフトバンクにいる帆足和幸投手も、あと1球団、西武に勝ちさえすれば13球団勝利になりますので、そうしますと、ソフトバンク(ダイエー)所属経験者から4人の13球団(全球団)勝利達成者が生まれることになります。

近鉄が消滅してから随分経ちますし、13球団勝利はそのうち出てこなくなるでしょうね。

古い時代ですと、15球団から勝利を記録した投手が2人います。緒方俊明とヴィクトル・スタルヒンです。ただし、全球団勝利ではありません。

あと1球団を残すのみで達成できなかった投手もやっぱりいます。渡辺秀武、江夏豊、宮本幸信がそうです。
ただし、江夏は全球団からのセーブを達成しています。
他に全球団セーブを達成しているのはマーク・クルーンだけです。

▼全球団勝利達成者

  1. 野村収
  2. 古賀正明
  3. 武田一浩
  4. 門倉健
  5. 吉井理人
  6. 工藤公康
  7. 久保康友
  8. 藤井秀悟
  9. 石井一久
  10. 杉内俊哉
  11. セス・グライシンガー
  12. 木佐貫洋
  13. 涌井秀章
  14. 寺原隼人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。